green虎尾 Page 5/6

首頁  戻る  前頁  次頁

 

photo01
2004/12/24
 翌2004年12月の後壁寮旗站。昨年まで行き交う列車であれだけ活気のあった構内が一気に寂れ、がらんとした感じだけが残ります。
photo02
2004/12/26
 今期は北港線及び馬公[厂/昔]線から分岐していた崙背線が廃止された影響で、サトウキビ列車の運行本数が大幅に減少。途中、北溪[厂/昔]站まで2本あった線路(単線×2)のうち、向かって右側の1本は使われておらず、左側の1本のみの運行となっていました。
photo03
2004/12/24
 沿線で唯一の有人信号所だった後壁寮旗站もその役割を終え、コンクリート造りの詰所の中は空っぽです。
photo04
2004/12/24
 虎尾寄りの場内にぽつんと立っていた信号塔。どの時点まで正式に機能していたのかは不明ですが、いつ訪ねても赤色が点灯していた記憶しかなく、撮影の際にこれを参考にすることはありませんでした(サトウキビ列車の接近を知るには、やはり機関車の鳴らすホイッスルが一番確実ですね)。
photo05
2004/12/24
 左方向へ緩やかにカーブを描きながら離れていくのが旧北港線の線路跡。一応、草むらの下にはレールが残っているみたいですが、言われなければそれと分からないほどの荒れようです。過去、この分岐点ではいずれも右側の馬公[厂/昔]線ばかりを選択し、北港線へは一度も足を踏み入れることのないまま終わってしまったのが悔やまれます。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.