green台北 Page 5/5

首頁  戻る  前頁

 

photo01
2002/08/20
 児童交通博物館のもう一つの目玉は、台糖公司のサトウキビ運搬軌道を再現した保存列車。写真の第1月台と反対側の第2月台の間を、オレンジ色のモーターカー(道班車)と椅子の付いた無蓋車の編成が往復しています。約30分間隔(ピーク時)の運転で、運賃は片道50元です。
photo02
2002/08/20
 佳里糖廠からやって来たモーターカー。サトウキビ鉄道の復活にあたってスポンサーとなった技嘉科技公司の名前を取って「技嘉號」と命名されています。
photo03
2002/08/20
 無蓋車を改造した客車。
photo04
2002/08/20
 博物館の敷地をぐるりと取り囲むような形で敷設された軌道の大半は森の中。目を細くして30度ほど傾けて眺めれば、どこぞの森林鉄道のように見えなくもありません(^^;。ちなみに、枕木は溪湖糖廠、レールは新營糖廠のものを使っているとのこと。
photo05
2002/08/20
 大都会の真ん中に突如として出現したサトウキビ畑。この保存鉄道で最大のハイライトシーンですが、何もここまで凝らなくても…。(^_^:)
photo06
2002/08/20
 保存鉄道のもう一方の終点である第2月台。機回し線がないため、列車はそのままバック運転で第1月台へと戻っていきます。
photo07
2002/08/20
 モーターカー+無蓋車の編成は全部2本あり、片方が予備車となっています。ただし、現地からの最新情報によると、何と客車を牽引するモーターカーが2両とも故障し、現在は列車の運行が行えない状態だとか。台湾北部でサトウキビ列車の雰囲気が楽しめる貴重な鉄道だっただけに、早期の復活を期待したいところです。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.