green蘇澳 Page 4/4

首頁  戻る  前頁

 

photo01
2002/08/23
 いったん先ほどの分岐点へ戻って、今度は立祥公司鐵道のほうに回ってみました。ところで、この謎めいた名前の専用線、地図上の表記は「立祥公司鐵道」となっているのですが、線路自体の所有者はあくまで台灣水泥(永春線)で、立祥工業公司はその一部を借り受ける形で貨物列車を運行していただけ…というのが実態だったようです。本来は「台灣水泥永春線」と書くべき路線なんでしょうね。
photo02
2002/08/23
 これが問題の立祥工業公司の工場。片隅にダルマが転がっていることから、以前は会社の敷地内にも線路がのびていたものと推測されます。なお、立祥工業公司は自前の機関車を持っていなかったため、貨物列車の運転があるときは何と台湾鐵路局のロコが工場まで乗り入れていたとか。ひょっとすると「立祥公司」が専用線全体を示す名称にまでなった理由はこのへんにあるのかも知れませんね。
photo03
2002/08/23
 ここは一種の工業団地なのでしょうか、線路に沿って両側に工場(石材関連の会社が多い)が立ち並んでいます。
photo04
2002/08/22
 廃墟となった工場と錆びたレール。このあたりから線路跡の把握がだんだんと困難になってきました。
photo05
2002/08/23
 地図上の記載と照合すると、たぶんここが終点ではないかと思われる場所の写真がこれです。正面に見える門の中央にはなぜか中國石油のマークが掲げられていますが、台灣水泥との関連は不明。資料によると、台灣水泥永春線は、背後の山で産出される石灰石をふもとのセメント工場(蘇澳廠)へ運ぶために建設されたもので、1990年代の前半頃まで原料線として機能していたみたいですね。なお、現在は永春線に代わって架空索道が鉱山と工場間を連絡しているとの由。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.