green蘇澳 home
 
photo01
 
 
2002/08/23
 台湾鐵路局宜蘭線の終点、蘇澳站。優等列車の大半が一つ手前の蘇澳新站で北廻線へ入ってしまうため、正式には東部幹線の一部であるにもかかわらず、何となくローカル線に乗って最果てまで来たような感じがしますね。当然、旅客列車はここで折り返しとなるわけですが、レールのほうはそれよりもさらに先まで続いていることは意外と知られていません。終着駅のそのまた先の線路…それが今回取り上げる台湾鐵路局蘇澳臨港線と立祥公司鐵道(台灣水泥蘇澳廠専用線)です。
 

■交通案内 台北から 東部幹線の羅東站で普通列車に乗り換え、蘇澳站下車。

 

1. その先の向こうへ−機務分駐所とターンテーブル
 
 
 
2. 台湾鐵路局蘇澳臨港線
 
 
 
3. 立祥公司鐵道−S字カーブ、併用軌道、腕木式信号機、台灣水泥蘇澳廠 etc.
 
 
 
4. 路線名の怪…本来は「台灣水泥永春線」のはずがなぜか「立祥公司鐵道」に

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.