green新營 Page 7/9

首頁  戻る  前頁  次頁

 

photo01
2002/01/04
 工場前のヤードに職を失った甘蔗車が大量に集められていました。踏切番や作業員の姿で賑やかだった詰所の建物も、現在は人の気配が全くありません。
photo02
2002/01/04
 広大な敷地の中をどこまでも続く黒い貨車の葬列。枯れ草の間から顔を覗かせているダルマがどことなく悲しげです。
photo03
2003/12/30
 新營站近くの線路脇に放置されていた1両の罐車。先を急いでいたのですが、寂しそうなシルエットがどうしても気になって、そのまま通り過ぎてしまうことができませんでした。側に寄ってみると、鉄錆に覆われたタンクの中央に「臺灣糖業公司臺東糖廠」、その上にはさらに「P20MT」の文字を読み取ることができます。帰国後に調べてみると、台鐵線への直通用に製造された糖蜜罐車(P20MT100型)のようでした。
photo04
2003/12/30
 南国の強烈な日差しに長期間さらされて、すっかり色が褪せてしまった給油機と錆びたドラム缶。
photo05
2003/12/30
 視界を遮っていた甘蔗車の姿が消えたことで、ヤードの一角にぽっかりと生まれた空間…よれよれのトタン板で屋根を葺いた粗末な巻き上げ小屋が、周囲から取り残されるようにぽつんと建っていました。
photo06
2002/01/04
 かつて粗糖の生産ラインがあった場所へ行ってみると、大型の重機が鋼鉄の腕を振り回し、建物を片っ端から解体している真っ最中でした。製糖工場の象徴だった背の高い煙突とも、これで永遠にお別れです。さようなら、新營糖廠、素敵な思い出をありがとう!

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.