green新營 Page 3/9

首頁  戻る  前頁  次頁

 

photo01
1998/12/30
 郊外のサトウキビ畑から続々と集結する甘蔗車に埋め尽くされた構内。サトウキビ列車を工場の中へ押し込む作業は、巻き上げ機を使って人力で行われているため、処理速度には自ずから限界があり、増える一方の貨車をなかなかスムーズにさばくことができません。
photo02
1998/12/30
 溢れんばかりのサトウキビを積んだ甘蔗車を従えて、No.141がバック運転でヤードに到着。
photo03
1998/12/30
 午前中の操業のフィナーレを飾るのは、早朝に単機で出ていった日立製の大型機。何とサトウキビの代わりに銀色の罐車を牽引して工場に戻ってきました。タンクの中に入っている液体は一体、何でしょうか。
photo04
1998/12/30
 朝7時頃から始まったサトウキビ列車の入換え作業はお昼前には一通り終了。後の仕事はワイヤーロープとウインチに任せ、役目を終えた徳馬牌たちは1両、また1両と機関庫へと帰っていきました。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.