green新竹 home
 
photo01
 
 
2004/08/23
 新竹站の駅前広場にあるレールをモチーフとしたモニュメント。台北から台中への移動中、軽くスナップを2、3枚撮ろうと思って立ち寄ったつもりが、なぜか妙にツボにはまってしまい、ふと気付くと線路の写真だけでフィルムを丸々2本も消費していました。見ての通り、ナローでも廃線跡でもない、単なるイミテーションに過ぎない存在なんですが、おそらく実物以上に鉄道を感じさせる"何か"が、そこにはあったのでしょう。
 

■交通案内 台北から 西部幹線の自強號で新竹站下車、180元。

 

photo01
2004/08/23
 中央にそびえる西洋風の時計台がお洒落な新竹站の駅舎。でも、本日の主役を務めるのはこの「日治時代遺跡」ではなく、1999年に駅前広場を整備した際に設けられたモニュメントです。
photo02
2004/08/23
 たぶん一つのテーマを縦に切るか横に切るかの違いなんだと思いますが、私が台湾で何よりも大切にするのは被写体の"今"の有り様で、「その物を誰が作ったか」ということはあまり意識していません。それらが台湾に存在する限り、日本統治時代のものも、中華民國時代のものも、清朝時代のものも価値は基本的に同じ。眼前の物件の佇まいが魅力的でさえあれば、作り手や来歴の如何にかかわらず、十分に追っかけの対象となります。
photo03
2004/08/23
 通常の廃線跡とは異なり、あくまでイメージとして人為的に作られた「鉄道」なので、線路は駅前広場の太平洋崇光百貨(そごう)側の入口から唐突に始まります。
photo04
2004/08/23
 決して列車が来ることのない踏切ですが、しっかり「停看聴」。こういうところが妙にリアルなんですよね。普段は通行の邪魔になるだけのバイク群も、全体の併用軌道っぽさを演出する良いアクセサリーになっていると思います。
photo05
2004/08/23
 広場の形に合わせて強引にレールをねじ曲げているので、接続部分に少しばかり無理が出ているようです。そういえば、鉄道模型のレイアウトを製作するとき、狭いスペースに無理矢理にエンドレスを押し込めると、こんな風に継ぎ目がカクカクになりましたっけ(^^;。
photo06
2004/08/23
 レールが敷かれている部分の総延長は約100メートル。短いながらも途中にポイントが一箇所あり、ちゃんとダルマも完備されています。
photo07
2004/08/23
 二つに分かれた線路の一方は地下通路の入口へ向かい、他方は駅前を東西に走る中華路の手前でふっと消えていました。こちらも周囲の日常風景の中に上手い具合にとけ込んでいる感じですね。あとは奥のほうに本物の貨車か豆機関車あたりがぽつんと止まっていたりすると「鉄道情景」としては完璧なんですが、そこまで望むのは"贅沢"というものでしょうか。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.