green菁桐 home
 
photo01
 
 
2001/08/20
 菁桐站近くのロータリーに立つモニュメント。そのモチーフに見られる通り、ここにもかつて大規模な炭鉱(菁桐煤礦)があり、新平溪煤礦の「一つ目小僧」に似たスタイルのL型機がトロッコを引いて坑外を往復していたといいます。現地は98年の夏に訪問しましたが、あいにく菁桐の滞在が1時間余りと短く、事前の情報不足も手伝って、消化不良の感が否めない結果となりました。
 

■交通案内 台北から 東部幹線侯[石同]站で平溪線に乗り換え、終点の菁桐站下車。
台誠煤礦 平溪線菁桐站または台北捷運木柵線木柵站から台北客運の15、16番のバスで五坑下車。バス停前の三叉路を北へ進むと、約10分ほどで鉱山事務所に到着します。
平溪線接続時刻表
木柵〜平溪間バス時刻表

 

1. 菁桐站の老駅舎とホッパー
 
 
 
2. バス停の名称を頼りにトロッコの痕跡を探してはみたけれど…
 
 
 
3. 山奥でひっそりと操業を続ける台誠煤礦(五坑)
※Special thanks to... citycatさん
 
 
 
4. 台誠煤礦 その2−下部軌道
 
 
 
5. 台誠煤礦 その3−上部軌道

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.