green三峽 Page 5/7

首頁  戻る  前頁  次頁

 

photo01
2000/08/19
 最初のインクラインとホッパーの間を結ぶ線路のほぼ中間に分岐点が設けられ、もう一つ別のインクラインが接続していました。どうやらこの上部にも魅惑のトロッコの世界が広がっているようです。
photo02
2000/08/19
 2番目のインクライン。最初のインクラインに比べると距離は短く、総延長30〜40mというところだと思います。
photo03
2000/08/19
 インクラインの頂上部分にあった超簡易な構造の巻き上げ機…う〜む、こんな華奢なウインチで果たして使い物になるんでしょうか(^^;。
photo04
2000/08/19
 炭鉱の最上部に位置する石炭の降ろし場。ビニール製のパイプを介して下の貯炭場とつながっています。
photo05
2000/08/19
 2番目のインクラインから上部軌道をさらにたどって行くと、か細い2本のレールは山腹の鬱蒼とした森の中へ入っていきました。線路端に放置された木製トロが何ともいい雰囲気を出していますね。思わず模型化したくなるような情景です。
photo06
2000/08/19
 昼なお暗い森の中に2番目の坑口がひっそりと口を開けていました。現在も使われているかどうかは分かりませんが、こちらのほうが下の坑口よりずっと歴史がありそうな感じがします。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.