green林口 Page 7/8

首頁  戻る  前頁  次頁

 

photo01
2007/12/26
 このあたりの地下には台湾中油桃園煉油廠に関係するパイプラインが埋設されているのでしょうか。線路端に掘削工事時における注意を喚起する看板と円形の計測器(?)が立っていました。長興站を出た林口線の線路は、その名もずばり「中油公司産業道路」という道に沿って、一直線に海岸を目指します。
photo02
2007/12/26
 海湖東路と交差する付近にある大洋塑膠公司の専用線跡。グーグルマップにそれらしき線路の記載があったので、林口火力発電廠へ向かう途中、バスを降りて立ち寄ってみたところ、荒れ果てた道床の下に部分的にレールが残っていました。
photo03
2007/12/26
 大洋塑膠公司の専用線は、林口線に平行する形で敷設された側線が1本(上写真)と工場への引込線で構成。関連する書籍などによると、少なくとも1990年代の半ばくらいまでは貨車の出入りがあったようです。左の写真は桃園方で専用線が分岐する箇所を振り返って撮影。ポイントの類はすでに撤去されていましたが、三角形の敷地に当時の名残を見ることができます。
photo04
2007/12/26
 工場の中へ引き込まれていた線路は、跡地に真新しい体育館が建ったりして、地上からの確認は困難でした。グーグルアースから得た情報を重ねると、鉄条網の向こうに見える沈殿池の、ちょうど右横あたりに引込線の終点があったらしいのですが…。
photo05
2008/12/24
 林口線が海にぶつかったところにある大カーブ。線路はここで進路を大きく東に変え、省道15號線と西濱快速公路を左に見ながら、台湾海峡を望む海岸段丘の下を走ります。桃園や中[土歴]の町はけっこう奥が深くて、中心部から郊外に延々と住宅地や工場が続いているのですが、さすがに海の近くまで来ると人家は激減。従前の沿線とは明らかに雰囲気の異なる、荒涼とした風景が広がっています。
photo06
2007/12/26
 そのため、当カーブの周辺は林口線随一の撮影地となっているのですが、ここで列車を待つのは正直"苦行"でした。沿岸部特有の何となくピリピリした空気に加えて、海から吹きつける強い北風と、石灰石の粉のような細かい粒子を含んだ砂塵の舞…その居心地の悪さは、桃園客運「觀測台(参觀台)」の薄汚れたバス停が雄弁に語っています。きっと板面をいくら掃除しても、すぐにまた次の埃が付着してしまうのでしょう。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.