green林口 Page 5/8

首頁  戻る  前頁  次頁

 

photo01
2006/01/03
 貯蔵サイロの脇の線路を覆うように組まれた鉄骨製の粗末な屋根。その下で貨車からセメントを降ろす作業が黙々と続けられていました。
photo02
2008/12/24
 このセメントセンターの特徴は、(機関車が無駄にでっかいせいもあるのですが)構内がとにかく狭いの一言に尽きます。件の日立機もちょっと前進しては止まり、また少し動いては止まりといった具合に、小刻みな運転を余儀なくされていました。
photo03
2008/12/24
 側線の有効長にあまり余裕がないため、入換え作業は基本的に2〜3両単位。まず、荷下ろしが終わった貨車をサイロ下から引き出し、
photo04
2008/12/24
 推進運転で一つ隣の線路へ押し込みます。再び元の線に戻った機関車は、今の作業で空いたスペースの分だけ次の貨車を前方にずらし、荷下ろし(以下同)。全てのホッパー車のタンクが空になるまで、このような小運転を何度も辛抱強く繰り返します。
photo05
2006/01/03
 そうこうしている間に桃園站からのセメント列車のほうが先に到着してしまいました。サイロ下の線路が塞がっている状態だと、貨車の受渡しをすることができないので、台湾鐵路局の機関車は本線上でひとまず待機。日立機は残ったホキのペアを片付けるべく、排気管からぶるんと白煙を一発、最後の追い込みに入ります。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.