green南州 Page 4/7

首頁  戻る  前頁  次頁

 

photo01
2000/02/24
 1999年冬の時点では機関庫の中に入っていたモーターカー(道班車)が2両とも工場外の留置線に出ていました。黄色いほうの道班車は、比較的おとなしいスタイル。車体の割に直径の大きな車輪を履いているため、後方に停車中の水色のモーターカーと比べるとやや腰高な印象があります。
photo02
2000/02/24
 運転台。鉄板を折り曲げただけのパネルに簡単な計器類とボタン…本当に必要最低限の設備しかついていません。
photo03
2000/02/24
 水色のモーターカーは、前後に取り付けられた荷台(?)らしきボックスが特徴。中央に寄った前照灯が何ともユーモラスな表情を作り出しています。
photo04
2000/02/24
 こちらの運転台もいたってシンプルな作り。
photo05
2000/02/24
 「守車」と呼ばれる車両。背中に赤いペンキで描かれた大きな丸印は、かつて日本の旧国鉄で貨物列車がワンマン化された際、車掌車の代わりとして登場した脱着式の円形のテールマークを思い出します。
photo06
2000/02/24
 こちらは同じ守車でも"窓"がありません…というか貨車そのものですね(^^;。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.