green南靖 Page 4/5

首頁  戻る  前頁  次頁

 

photo01
2003/12/30
 2003年12月末に再び南靖糖廠を訪問しました。一昨年に付近を通りがかった際には気付かなかったのですが、正門横の広場に金馬牌(No.953)が守車や有蓋車と共に保存されているのを発見。台糖公司にわずか4両しか導入されなかった貴重な形式で、他の仲間は烏樹林糖廠の機関庫に眠っています。
photo02
2003/12/30
 糖廠裏のヤードから数百メートルほど行ったところにある最初の分岐。向かって左側の線路が鹿草線、右側が南靖線です。いつもならどちらの進路を取るべきか非常に悩む場面なのですが、今回の撮影テーマは「タブレットおじさん」の信号所なので、迷わず左の鹿草線を選択します。
photo03
2003/12/30
 南靖線と分かれてから先の区間は興味深い併用軌道となっていました。思わず長居したくなるポイントですが、サトウキビ列車の通過を待って撮影は早々に切り上げ。信号所のある2番目の分岐点を目指します。
photo04
2003/12/30
 併用軌道の真ん中に設けられた積込場。残念ながらすでに使用されていないようです。
photo05
2003/12/30
 日が西の方角に傾きかけた頃に最終目的地である、タブレットおじさんの信号所に到着しました。ここは鹿草線から施[厂/昔]寮線が分かれる交通の要衝で、保安要員が常駐。列車の運行状況に応じてタブレットの交換や踏切番、ポイント操作などの任に当たっています。"イナバの物置"然とした簡素な詰所を根城に、たった一人で奮闘する彼のことを、我々は親しみをこめて施[厂/昔]寮線の「タブレットおじさん」と呼んでいました☆
photo06
2003/12/30
 施[厂/昔]寮線の側から見た分岐点の様子。必要最低限の場内配線、ちょっと斜めに傾いた色灯式信号機、線路脇にぽつんと置かれたプレハブの詰所…まるで模型のレイアウトにしたくなるような情景ですね。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.