green南靖 Page 3/5

首頁  戻る  前頁  次頁

 

photo01
2002/01/04
 ヤードの片隅に放置されていた守車(車掌車)。
photo02
2002/01/04
 工場の裏門付近にも守車1両が留置されていました。しかし、サトウキビ鉄道の守車は非常にバラエティに富んだ形態をしていますね。客車のように窓がたくさん付いた車両あり、いかにも貨車然とした車両あり。デザインや大きさも各車バラバラで、見ていて本当に飽きません。
photo03
2002/01/04
 台湾の製糖鉄道で最も在籍数の多い車両といえば、やはりサトウキビ運搬用の貨車。中でもこの11型甘蔗車は最大の勢力を誇ります。
photo04
2002/01/04
 無蓋車(低邊車)。同種の車両は新營糖廠や南州糖廠でも見かけました。荷台に白い土のような物体が積まれており、最初は塩かとも思いましたが、どうやらその正体は石灰のようですね。製糖工場でサトウキビの絞り汁から余計な成分を沈殿分離させる際に使われるものとの由。
photo05
2002/01/04
 フラットカー。荷台にコンクリート製の枕木の残骸らしきものが載せられています。そういえば、サトウキビ鉄道の線路って意外にPC枕木が使われていたりするんですよね。末端部の支線を除けば、軌道の作りも割としっかりとしていることが多いような気がします。
photo06
2002/01/04
 この怪しげな雰囲気が漂う車両、何と草刈り用の保線機械(割草車)だそうです。車体下部に装着された刃を回転させて、軌道上の雑草を刈り取る仕組みとか…思わずトワイライトゾーンマニュアルIの巻末コラムにある「草刈り機関車伝説」を頭に浮かべてしまいました(^^;。ちなみに、1067mmm軌間の鉄道の話ですが、似たような機能を持つ保線車両は「軌道草刈機」として、JR各線を中心に実際に使われているようです。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.