green苗栗 Page 1/3

首頁  戻る  次頁

 

photo01
2000/08/22
 公園の入口部分。台湾鐵路局の車庫の一部を間借りしているため、こんなところ本当に入っちゃっていいのかなぁ…思うような場所から中に入ります(^^;。
photo02
2000/08/22
 公園全景。各車両の前には製造年やメーカー、用途など簡単な説明が書かれた水色の木札が掲げられています。2000年8月の時点で計14両の車両が保存されているとのことでしたが、旧型客車2両(25TPK-2053及び30SPK-2502)については、あいにく訪問時はどこかへ出張中(?)で、公園内には見当たりませんでした。なお、現在は展示車両の上に雨よけの屋根が設けられているようです。
photo03
2000/08/22
 阿里山森林鐵路で活躍していたシェイ式蒸気機関車(No.28)。阿里山のシェイには、3シリンダーの28トン機と、それよりも一回り小さな2シリンダーの18トン機がありましたが、こちらは28トン機のほうですね。1913年、米国のLima社製。
photo04
2000/08/22
 同じく阿里山森林鐵路で「光復號」として使用されていた急行型客車(SPC2)。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.