green橋頭 Page 1/5

首頁  戻る  次頁

 

photo01
2000/02/25
 1999年2月をもって惜しくも操業停止となった橋頭糖廠。橋頭站に隣接する貨物側線を覗いてみると、草むらの中に働き場所を失った甘蔗車が大量にうち捨てられていました。
photo02
2000/02/25
 北側のヤードの入口。何本もの線路が居並ぶ中を、1067mmと762mmのデュアルゲージ仕様の台鐵連絡線が斜めに横切っていきます。大胆かつ豪快なレール配置は、サトウキビ鉄道ならでは。
photo03
2000/02/25
 東へ緩やかなカーブを描く形でヤードから離れていく石案潭線の跡。糖廠を出た線路は、典寶溪を渡った先で滾水線と分かれると、一転して進路を北に変え、最終的に阿蓮郷で仁徳糖廠から来た阿蓮線とつながっていました。
photo04
2000/02/25
 かつてここをサトウキビ列車が往来していたことを示す確かな"証"。道路脇の空き地に3条のレールがうっすらと顔をのぞかせていました。このまま土の下に埋もれて、人々の記憶からも永遠に忘れ去られてしまうのでしょうか。
photo05
2000/02/25
 サトウキビを満載した貨車の姿が消えて、ひっそりと静まりかえった工場内。ヤードの一番奥にぽつんと置かれた守車らしきオレンジ色の廃車体が、柔らかな西日に照らし出されて、不思議な存在感を放っていました。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.