green金瓜石 Page 3/7

首頁  戻る  前頁  次頁

 

photo01
1999/08/16
 機関庫の中にかつて鉱山で使用されていたと思われる車両たちが眠っていました。この機関車は側面に「KRUPP-DOLBERG」、正面には「SCHOEMA」の文字があり、ドイツ製のようです。
photo02
1998/08/02
 こちらは電気機関車の足回りの部分のように見えます。車軸の部分に「東芝」のロゴがありました。
photo03
1998/08/02
 バテロコの一種でしょうか。銘板はかなり磨り減っていて判読困難でしたが、少なくとも漢字圏のメーカーの製品ではなさそうです。
photo04
1999/08/16
 平トロ。荷台の上にはモーターのような物体と正体不明の鉄の箱が載っかっています。
photo05
1998/12/29
 他の車両とは離れて、坑口前にぽつんと置かれていたトロッコの残骸。大きさと位置が手頃なせいか、観光客が本山五坑を背景に記念撮影をする際に、格好の「お立ち台」にされていました。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.