green金瓜石 home
 
photo01
 
 
1998/12/29
 金瓜石にはその昔「基隆三金山」と呼ばれた大規模な金(銅)の鉱山があり、海沿いの小さな町はゴールドラッシュで大いに栄えたと言います。今では鉱脈も掘り尽くされ、鉱山施設の遺構だけが残る寂れた町となってしまいましたが、近年のレトロブームに乗って、台湾でも徐々にその歴史的価値が見直されつつあるようですね。特に本山五坑とその周辺は、台北から日帰りで行ける散策コースとして人気を集めています。
 

【交通案内】 瑞芳から
基隆客運のバスで終点の金瓜石下車、22元。バスは約15分〜20分に1本の間隔で運転されています。
基隆から 
駅右手のターミナルより同じく基隆客運のバスで金瓜石下車、55元。
最新状況 
1999年8月16日 2000年3月4日

 

1. 魅惑の「トロッコ道」を通って本山五坑へ
 
 
 
2. 本山四坑
 
 
 
3. 坑口周辺に残っていた車両たち−SCHOEMA、電気機関車、バテロコ、平トロ etc.
 
 
 
4. 本山五坑から長仁三番坑まで
 
 
 
5. こぼれ話−黄金神社、太子賓館、日式宿舎、トーチカ etc.

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.