green基隆 Page 2/2

首頁  戻る  前頁

 

photo01
2002/08/20
 仙洞調車場。洪致文さんの『台灣鐵道印象(下)』363頁下に掲載されている写真とほぼ同じ位置からの撮影ですが、レールの類はあらかた撤去されており、往事の面影はありません。なお、これより先の区間は写真撮影はお断りとのことなので(もっとも、対岸の埠頭からはこのあたりの風景は丸見えなんですけどね。(^^;)、線路の追跡は残念ながらここまで。
photo02
2002/08/20
 再び先ほどの分岐点に戻ると、とある路地に2本のレールが隠れているのを発見。帰国してから調べてみたところ、仙洞調車場から分岐していた台肥(台灣肥料)基隆廠の専用線跡で、現役時は基隆臨港線を平面クロスで越えた後、山の上の工場まで通じていたとか。当日は無意識のうちに平面交差のあった場所を通り過ぎてしまったので(^^;、この件についての詳細は次回以降の宿題です。
photo03
2002/08/20
 西二十八碼頭まで最短距離で行くためには小高い丘を越える必要があるのですが、臨港線はこの区間を道路と併用のトンネル(復興隧道)でショートカットしています。
photo04
2002/08/20
 復興隧道の内部の様子。ここに爆音エンジンのR20型がやって来たら迫力満点でしょうね。
photo05
2002/08/20
 復興隧道の出口付近。線路は西二十八碼頭へさらに続いていますが、高速道路の向こう側はモロに港湾施設内。ちょっと消化不良気味ではありますが、遠くにセメント運搬用の貨車が見えることを確認して、これ以上の探索は自主規制することにしました。
 
基隆臨港線についてもっと知りたい方はこちら!
基隆港務局のサイト 【Big5】

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.