green花蓮 Page 3/5

首頁  戻る  前頁  次頁

 

photo01
2000/08/21
 現在の花蓮站(花蓮新站)は市の中心部から2kmほど内陸に入った町はずれに位置しますが、ナロー時代の台東線は途中の田浦站(現廃止)付近から東進し、海沿いの花蓮旧站を経て花蓮港へ至っていました。1982年の台東線改軌時に花蓮旧站経由の旧ルートは放棄され、花蓮新站に一本化されています。
photo02
2000/08/21
 花蓮旧站。広大な敷地はコンクリートで舗装され、夜市のスペース(舊站夜市…なお、現在は閉鎖されています)として利用されているようです。屋台の間にかつての給水塔がぽつんと立っていました。
photo03
2000/08/21
 これは車庫の跡でしょうか…構内には旧台東線時代に使われていた思われる建物がところどころに残っていました。
photo04
2001/08/21
 花蓮旧站から旧台東線の跡に沿って田浦站方向へ歩いてみました。写真は中華路との交差点(大禹街)。手持ちの地図の上では公園となっていましたが、実際に現地へ行ってみると線路跡らしき土地に商店や住宅が立ち並んでおり、かつてここに鉄道が走っていたとは思えないほどの変わり様でした。市街地はさすがに風景の変遷が激しいですね。
photo05
2001/08/21
 大禹街から先の区間は、平坦な一本道となっており、比較的容易に廃線跡をたどることができました。地図上でも花蓮旧站から田浦站にかけて怪しげなカーブを描く道路の記載を見て取ることができます。
photo06
2001/08/21
 花東線との合流地点。旧台東線時代はここに田浦站があったわけですが、残念ながら付近にそれらしい遺構は見当たりませんでした。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.