green十分 Page 7/9

首頁  戻る  前頁  次頁

 

photo01
2002/08/24
 ふもとでの思いがけない成果に非常に気分をよくして、今度は坑口や鉱山事務所のある、軌道の反対側の終点へ行ってみました。この場所もつい最近まで、閉山で不要となった電気機関車や炭車がボロボロの姿で放置されていたのですが、今ではどの車両も美しく修復されて、以前とは見違えるような状態になっています。
photo02
2002/08/24
 旧海山煤礦からやって来たKATOのマイニングロコ。以前とスカイブルーの色合いが微妙に違っていますね。
photo03
2002/08/24
 かつての坑道は途中まで一般客に公開されています。白熱灯の光の中に怪しく浮かび上がった「一つ目小僧」。
photo04
2002/08/24
 展示室に面した広場は一面に芝生が植えられ、エンドレスの手押し軌道が敷設されていました。どうやら各自で自由にトロッコを押して遊んで下さいという趣向みたいですね。私たちもしばし童心に帰ってトロッコ遊びに興じさせていただきました。
photo05
2002/08/24
 以前、鉱山事務所だった建物を改造した資料室。坑内で使われていた道具類やパネルなどが展示されています。ちなみに、この「台灣煤礦博物館」の開設にあたっては、日本の常磐炭鉱の歴史を紹介した「いわき市石炭化石館」を参考にしたようで、同博物館の視察の様子を記録した写真もありました。また、隣に設けられた映像ルームでは、石炭産業に関する様々なビデオを見ることができるようです。
photo06
2002/08/24
 坑内を再現した模擬坑道も用意されています…片隅にはロッカーショベル(掘削した土砂を後方のトロッコに積み込みながら前進する機械)や炭車の姿が。展示スペースが限られているので、オリジナルのいわき市石炭化石館と比べると規模的には劣りますが、こちらは"本物の"炭鉱をベースにしているだけに、リアルさの点では本家より上を行っていますね。台北から日帰りで往復できる観光施設としてはなかなかよくまとまっていると思います。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.