green仁徳 Page 3/6

首頁  戻る  前頁  次頁

 

photo01
2002/01/03
 構内の片隅に停まっていた正面2枚窓のモーターカー(道班車)。ゲテモノが揃っているサトウキビ鉄道の道班車の中では比較的平凡なスタイルです。ぜひとも実物を見てみたかった仁徳糖廠名物(?)のステンレス製の巡道車は、すでに解体されてしまったとのことで、車庫の周辺にはその残骸すらありませんでした、残念!
photo02
2002/01/03
 守車(車掌車)のバラエティ。いかにも貨車といった感じの守車も多いのですが、ここの車両はちゃんと窓もあって、なかなか好ましい外観をしています。車体にベタベタと貼ってある水色のお札のような紙はいったい何なんでしょうか。
photo03
2002/01/03
 守車その2。かまぼこ型をした特殊な車体形状が目を引きます。しかし、この守車、密閉構造である上に側面には窓も何もなく、まるで囚人護送車…できればこいつにだけは乗りたくないですね(^^;。
photo04
2002/01/03
 道班車の隣に留置されていた怪しげな車両、ホースらしきものが装備されているところを見ると、薬剤散布車の一種でしょうか。
photo05
2002/01/03
 サトウキビ運搬用の平台車(手積み貨車)。車体の側面がオープン構造になっており、真横から見るとコの字形をしています。荷台にぽつんと置かれた椅子がとっても謎ですが、何でもサトウキビの輸送中に悪戯をされる事件が多発しているそうで、職員がここに座って走行中の列車を監視できるように特別に用意されたものとか。だったら、初めから屋根も椅子もある守車を使えばいいじゃないかという気がしないでもありませんが…そんなことを思うのは私だけでしょうか? (^^;

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.