green仁徳 Page 2/6

首頁  戻る  前頁  次頁

 

photo01
2002/01/03
 サトウキビ鉄道のヤードから広い工場の敷地の中に入ってみました。機関庫の前に集う日立牌たち…これだけたくさんの日立牌が並んでいると、思わず萌えちゃいますね☆
photo02
2002/01/03
 側線の一つに日立牌がうまい具合に停車していたので、形式写真の撮影にチャレンジです。まぁ、うるさいことを言えば、レンズは50mmに限るとか、窓が開いていちゃいけないとか、足回りがつぶれているのは駄目とか、ロッドは一番下の位置に揃ってなきゃいけないとか、色々と細かい決まり事があるのですが、とりあえず気にしないということで(^^;。
photo03
2002/01/03
 第2エンド側。写真ではちょっと不鮮明ですが、よく見ると日立牌の運転席って、入換作業などで頻繁に進行方向を変える際、前と後のどちらの側に対しても運転がしやすいように横向きに配置されているんですね。
photo04
2002/01/03
 お約束(?)のロッド部分の拡大写真。やっぱりいいですね、ロッド式の機関車は。いかにも機械然とした複雑な機構が好きです。ただ、メカニカルな部分が多いだけに、点検整備には手間と時間、そして費用がかかるんでしょうね(故障の原因にもなりそうだし…)。近年の相次ぐ糖廠閉鎖で最新の徳馬牌(DIEMA)に余剰感が出ている中で、よくここまで古いDLが生き残ったものだと思います。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.