green仁徳 home
 
photo01
 
 
2000/02/25
 私が過去に訪ねたサトウキビ鉄道は、最新の徳馬牌(DIEMA)中心のところが多く、何となく「糖業鉄道」イコール「DIEMA」のイメージがあるのですが、数年前まで台湾のサトウキビ鉄道の主役といえば、順風牌や溪州牌、日立牌といった米国&日本製のロコたちでした。近年の工場の統廃合で、これら車歴の古いDLたちの活躍場所は狭くなる一方ですが、仁徳糖廠では今なお日立牌の元気な姿を見ることができます☆(注:仁徳糖廠は2003年3月をもって操業停止となりました)
 

■交通案内 高雄から 西部幹線の各駅停車(區間車)で保安站下車、59元。
仁徳糖廠 保安站から徒歩15分。駅前の大きな通り(文賢路)を右折し、西部幹線の線路に沿って10分ほど歩くと、右手にサトウキビ工場の煙突が見えてきます。

 

1. 愛すべきツートンカラーの"小"日立、ロッドぐるぐる (@_@;
 
 
 
2. 仁徳糖廠の車両たち その1−日立牌萌え☆
 
 
 
3. 仁徳糖廠の車両たち その2−道班車と守車のバラエティ
 
 
 
4. 沙汰線に日立牌を追え! バイクでサトウキビ列車を大追跡
※Special thanks to... 台北市内湖區在住 黄範哲さん
 
 
 
5. 続、沙汰線に日立牌を追え!
 
 
 
6. 惜別、仁徳糖廠最後の冬

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.