green保存蒸機 Page 2/7

首頁  戻る  前頁  次頁

 

photo01
1999/05/30
台糖公司 No.650 [詳細]
 蔵王山のふもとに元台糖公司の蒸機がいるというので、さっそく現地を訪ねてみたところ、何と保存場所のレストランは休業中(?)で、駐車場にはペンペン草が生えていました…う〜む、道理で店に何度電話をかけてもつながらないわけだ。(T_T)
photo02
1999/05/30
 ヨーロッパのおとぎ列車風に派手にデコレーションされているので、パッと見たところどこの国の機関車かさっぱり分からなくなっていますが、これでも一応ドイツ製。1973年まで台湾でサトウキビ列車を牽いていました。ナローの機関車にしては珍しく後ろに炭水車が付いています。
photo03
1999/05/30
 内部も随所に金メッキが施され、文字通りの金ぴか状態。保存状態が比較的悪くないだけに、今後の行く末が心配されます(注:その後、同機は故郷である台湾の嘉義縣に安住の地を得ることになり、2003年12月2日、来日した関係者へ無事に引き渡されました)。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.