green侯[石同] Page 7/8

首頁  戻る  前頁  次頁

 

photo01
1999/08/20
 復興坑全景。坑口の周囲はトタン屋根で覆われていました。奥には2階建ての鉱山事務所が見えます。
photo02
2001/08/20
 レンガで密閉された坑口。
photo03
2001/08/20
 坑口付近の線路はかなりの急勾配と曲線で、トロッコの入換には専らワイヤーロープが用いられていたようです。模型のレールを強引にねじ曲げたようなオメガカーブや勾配の途中で無理やり分岐するポイントなど、随所にうかがえる"無軌道"さは鉱山ならでは。
photo04
1999/08/20
 坑内の炭車を地上に引き出していたインクラインの跡。
photo05
1999/08/20
 この建物は車庫か何かだったのでしょうか。なぜかヤードの線路に対して直角に突っ込むような形でトロッコが並んでいました。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.