green北港 Page 3/3

首頁  戻る  前頁

 

photo01
2003/12/31
 今度は糖廠の建物を挟んで反対側、サトウキビ鉄道のヤードがある敷地の西端のほうに回ってみました。朝、郊外の3つの農場からサトウキビを積んで北港に集結した甘蔗車たちが列をなして、荷を下ろす順番がやって来るのを待っています。予定では空の貨車を畑へ届けるために、まもなく工場から3本の返空列車が出発するはずです。
photo02
2003/12/31
 サトウキビ鉄道の線路はヤードの先で一旦は一つになりますが、すぐに北と西、そして南の3つの方向に分かれてしまいます。写真では左端の白い小屋があるあたりがその分岐点。いずれの進路を取るべきかいつも迷うシーンです。間違った線路を選んで列車が来なかったりしたら嫌だし…結局、小屋(信号所)とヤードの間、つまり分岐の根っこの部分で列車を待つことにしました。誠にもって"へたれ"な選択に我ながら苦笑です(^^;。
photo03
2003/12/31
 13時17分、遠くに見える信号所の建物の中に人の気配を感じたかと思うと、ややあって糖廠の奥から徳馬牌が牽引する最初の返空列車が現れました。
photo04
2003/12/31
 ヤードの出口には自動車道路にあるのと同じような、横型の信号機が立っています。シグナルの現示はもちろん緑(進行)。
photo05
2003/12/31
 13時22分、2本目の返空列車が軽く砂埃を巻き上げて、サトウキビ畑へと出発していきます。
photo06
2003/12/31
 そして13時25分、本日のラストとなる返空列車が登場。
photo07
2003/12/31
 ブロロロローッと軽快な感じのエグゾーストノート(排気音)を響かせて走り去る徳馬牌。続いて何十両もの甘蔗車が、ガチャガチャと目の前を通り過ぎていきます。最後に残ったのは冬枯れの黄土色の大地と、その上を吹き渡る乾いた風、ただそれだけでした。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.