green南大東 Page 7/9

首頁  戻る  前頁  次頁

 

photo01
2003/08/01
 南大東島のサトウキビ鉄道は、島の内側(幕下)をぐるっと回る環状部分(一周線)と6つの支線から構成されていました。最初にご紹介する遺構は、工場の裏手を流れる水路で見つけた鉄橋。ヤードの片隅から分岐していた「構内線」のものと思われます。以前はこの先の第1集積場にも線路が残っていたらしいのですが、残念ながら平行する道路を改良した際に埋められてしまったようです。
photo02
2003/08/01
 鉄橋のあった場所から工場方向を望むと、これも何かの引込線でしょうか。コンクリートの地面に2本のレールが顔を覗かせているのが見えました。奥は鉄骨をやぐら状に組んだ積込施設になっていて、工場から伸びたベルトコンベアが接続しています。
photo03
2003/08/03
 南大東島を離れる当日の朝、帰りのフライトまでに少し時間があったので、宿の周辺を未練がましくうろついていたところ、大東糖業の倉庫前でレールの断片を発見しました。この部分だけコンクリートが打たれていたことが幸いし、結果的に撤去を免れたようです。
photo04
2003/08/02
 メイン路線の「一周線」は全長約13km。このうち南地区を通って東回りに北上するルートは「南線」と呼ばれていました。写真は工場から東へ2kmほど行った先にある第2集積場付近の様子。竹内昭さんの『南大東島シュガートレイン』92頁に、現役時代の第2集積場のカットが掲載されていますが、サトウキビ鉄道のレールの他に、クランク状に折れ曲がった特徴的な道路も健在で、往事の面影が比較的よく残っています。
photo05
2003/08/02
 サトウキビ畑の間からひょっこり顔を出したレール。南線はこの第2集積場で進路を北へ90度変更し、旧東及び新東地区にあるサトウキビ畑を目指します。
photo06
2003/08/02
 南線の沿線は耕地整理が進んでいて、敷地の大半は畑の下に消えてしまったようです。途中の第8集積場にあった「北支線(無線)」の分岐点も確認不能。最後にはどこにサトウキビ鉄道が走っていたのか全く分からなくなってしまいました。再び南線に合流できたのは第9集積場の近くで、幕上から県道北南線(幕下一周線)へ下る農道の一つを走行中に突然、足下に2本の軌条が出現。\(^0^)/
photo07
2003/08/02
 道なりにしばらく進んだ畑の中にも錆びたレールが残っていました。南国の強烈な日差しのせいでしょうか、何ともあっけらかんとした表情をしているのがいいですね。廃線跡について回りがちな「死」や「終焉」といった、マイナスのイメージはここではほとんど感じられません。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.