green池南 home
 
photo01
 
 
2002/08/21
 森林鉄道の路線は、伐採地に至る林内線と木材搬出用の平地軌道で構成される場合が多いのですが、花蓮縣の池南にあった哈崙森林鉄道は、いきなり3つの架空索道を介して一気に高度を稼ぎ、機関車と運材台車が活躍するのは山の上だけ…というちょっと特殊な形態をしていました。現在、索道の起点があった付近は「池南森林遊樂區」として整備され、興味深い車両たちが多数保存されています。
 
※Special thanks to... citycatさん
 

【交通案内】 花蓮から
花蓮總站(花蓮舊站の前にあるバスターミナルです。台湾鐵路局の花蓮站ではないので注意して下さい)から、花蓮客運の鯉魚潭経由、壽豐行きのバスで、池南下車。池南森林遊樂區は省道9號線(花東縦谷公路)の別線である9號(丙)線沿いにあるので、バスもそちらを経由する路線を選択する必要があります。なお、池南の集落から森林遊樂區の入口までは1kmほどの距離です。
花蓮客運時刻表(2007年4月1日現在) 
花蓮発 >> 05:30 06:30 08:00 09:30 11:30 13:30 15:30 17:30 18:30
池南発 >> 06:35 07:40 09:10 10:40 12:40 14:40 16:40 18:30 19:30
池南[足崩][足崩]車時刻表(2002年8月21日現在) 
午前発 >> 08:30 09:30 10:30 11:30
午後発 >> 13:30 14:30 15:30 16:30

 

photo01
2002/08/21
 哈崙森林鉄道の起点に当たる一號索道。鳥居型に組まれた支柱の間に当時使われていたゴンドラ(流籠)がポツンと置かれていました。山腹には斜面に沿ってワイヤーが張られたままになっており、索道の先の様子がどうなっているのか、森林鉄道の廃止後、機関車の大半が山上の現場に残されていると言われるだけに気になります。
 
哈崙森林鉄道が現役だった頃の映像はこちら!
酒井助六さんのサイト「異端なる鉄道・異端なる音楽」
photo02
2002/08/21
 木製の箱が客室、金網で囲まれた部分が荷物置き場となっていますが、お世辞にも広いとは言えない室内は7〜8人も入ればすぐに満杯御礼となってしまうので、あふれた客は屋根の上に乗り、それでも運び切れなければ、ゴンドラの四隅にある小さな突起に取り付いて…という空中サーカスさながらの光景が日常的に展開していたようです。高所恐怖症の人にはとても堪えられない乗り物ですね。
photo03
2002/08/21
 園内にかつて羅東森林鉄道で活躍していた蒸気機関車が保存されていました。うっかり番号を控えてくるのを忘れてしまったのですが(^^;、キャブの窓や砂箱の形状から同鉄道の5號機ではないかと推測されます。ただ、この羅東森林鉄道の5號機って、製造年等の履歴がはっきりしない謎の機関車なんですよね。一説には大正時代の日本車輌製Cタンクを改造したものではないかと言われているようですが、真偽のほどはよく分かりません。
photo04
2002/08/21
 同じく静態保存されている阿里山森林鐵路のシェイ式蒸気機関車(No.16)。1913年に米国のLima社で製造された2シリンダータイプの18トン機です。
photo05
2002/08/21
 園内の一角にナローの線路が敷設され、元林内線の機関車が動態保存されていました。「動態」といっても総延長200mほどの距離を客車を牽いて往復するだけなのですが、山腹に張り付くように引かれた軌道はなかなかいい味を出しています。実は私、不覚にも現地へ来るまでこの保存鉄道の存在は全く知らなかったのですが、これで台湾の鉄道"完乗"に必要な路線がまた一つ増えた格好になってしまいました。
photo06
2002/08/21
 この軌道で唯一の動力車として活躍する機関車。かつて二号索道と三号索道を結ぶ中間軌道で使われていました。日本型ナローを見慣れた目には奇異に感じられるスタイルですが、背面に「CHRISTOPH SCHOTTLER」の銘板を付けており、ドイツで製造されたもののようです。
photo07
2002/08/21
 客車。太平山のポンポン車([足崩][足崩]車)で使われているものとよく似た外観をしています。なお、列車の運行は午前と午後の計8回。太平山の場合と異なり、座席の指定や乗車料金等は不要です。

 


(C)Copyright since 1998 Yonezawa Mitsunobu "KeTEL". All rights reserved.